このエントリーをはてなブックマークに追加 

女性にこそお勧め!一人暮らしのDIYについて

 

最近はDIYブームで、何でも器用に作る人が増えていますね。

 

DIYとは言わずと知れた「Do it yourself」の略語で、プロではない人が自分で何かを作ったり、形を変えたりすることです。

 

わたしもDIYが大好きで、しょっちゅう100円均一ショップを覗いたり、おしゃれな部屋の写真集や雑誌などを見て、想像を膨らませています。そして時々真似をして楽しんでいます。

 

ブログをしている人ほど器用ではなく、あくまで自分で楽しむ程度のDIYですが、それでも部屋の印象が変わって驚かれることもあります。実はそれも楽しみの1つだったりします。

 

せっかく一人暮らしをしていて、自分の好きなようにインテリアも楽しめるんですから、DIYでもっと大好きな部屋にしてみませんか?

 

こんなにもできる!私の100均アイテムを使ったDIYレシピ

DIYと言っても、木を切ってトンカチでトントンするような本格的なものばかりではありません。驚くほど簡単に、すぐ出来るDIYもたくさんあるんですよ。

 

初心者でもお勧めなDIYはマスキングテープを使ったDIYです。

 

 

マスキングテープはサイズもデザインも様々なものがあり、貼るだけで一瞬で雰囲気を変えられる優れものです。そして剥がすのも簡単ですから、賃貸でも安心です。

 

太めのマスキングテープを壁の端から端まで貼るのもいいし、細かいマスキングテープをトイレの壁にタテジマに貼ってみるのもステキです。

 

他にも、スイッチカバーをデコレーションしてみたり、ビンに貼ってオシャレな小物入れにしてもいいですね。

 

それからウォールステッカーや貼ってはがせる壁紙なんかも便利ですよね。

 

 

ウォールステッカーは季節にあった柄を小まめに変えてもいいし、部屋に置きたいけどなかなか置けない観葉植物柄を選ぶのもお勧めです。

 

壁紙はレンガ柄や木目調などが人気で、全ての壁に貼らなくても、一部に貼るだけですごく雰囲気が変わりますよ。

 

忘れちゃいけない!タイルシートはキッチンや洗面所のDIYにはぴったりです。

 

ちょっと年季の入ったキッチンや洗面所が生まれ変わりますよ!貼るだけでも立派なDIY!ちなみにこれらは全て100円均一ショップで手に入るんですよ!

 

100円均一ショップと言えば、突っ張り棒もいろいろ使える便利アイテムです。

 

 

突っ張り棒と聞くと、何かを掛けておくための物というイメージが強かったのですが、もうびっくりする使い方が出来るんです。

 

例えば突っ張り棒2本とワイヤーネットを使って棚を作ったり、引き出しや棚の中を仕切ったり、マスキングテープの穴に通してマスキングテープをたくさん並べて収納したり、テーブルの下に2本設置してティッシュボックスを置いてみたり…とにかく凄い!

 

わたしはトイレに1本突っ張らせてトイレットペーパー置き場にしていますよ。そのままだと味気ないなと思って、ドライフラワーなどを一緒に飾っています。

 

そして、次は突っ張り棒2本と板を使って、小さな棚を作る予定です。

 

ちなみに、ある程度の大きさ以上の棚を作るならスノコを利用すると便利ですよ。

 

100円均一ショップでも売られていますし、ホームセンターなどでも2枚で1000円以下で手に入ります。スノコを縦に使うと壁面収納を作れますし、いくつか組み合わせると立派な棚になります。

 

靴箱代わりにするのもいいですよ!もともとそれだけで強度がある程度はありますので、組み合わせるとかなり頑丈な棚が完成します。

 

ひと手間加えただけの、私の時短DIY

ちょっとした机やカウンターが欲しいなと思うけど、買うと大きすぎて場所を取ったり、値段も安くないですよね?そんな時こそ、DIYです!作り方はとっても簡単!

 

まず欲しい机やカウンターの高さに合わせてカラーボックス2つと少し厚みのある板を用意します。もう想像出来ましたね?カラーボックスの上にやすりをかけた板を載せるだけのDIYです。

 

 

でも、そのままだといかにもって感じになってしまうので、出来れば色を塗って変身させましょう。カラーボックスをスツールに変えるとオシャレ感が高まります。残念ながら収納は減りますので、好みや必要性に応じて考えましょう。

 

また、カラーボックス同士の間が広過ぎると強度が落ちますので、その場合は間にもう1つカラーボックスを置いたり、板で支えをつけたりする必要があります。

 

そのほかにも、壁の高い所に棚が欲しい時や、穴を開けずに何かを飾りたい時、パーテーションを作りたい時などは、ディアウォールを使うのがお勧めです。

 

 

 

 

ディアウォールとは、市販のツーバイフォー材の両端につけて使うもので、床と天井などに板を突っ張らせるものです。バネが内蔵されていますので、壁や床などを傷つけることなく、賃貸住宅でも安心です。

 

ワンルームでもベッドを玄関から見えにくくしたい時などのパーテーション仕様にするには、2本のツーバイフォー材の間にいくつか板を打ち付けると、オシャレに仕上がります。

 

その時板を好きな色にカラーリングするとなお良いですね。壁に沿って棚やフックを取り付けたい時も同様の方法で出来ますよ!キッチンカウンターの上に短めのツーバイフォー材で棚を作ることも出来ます。ここに欲しいを叶えてくれるアイテムです。

 

それから、小さめのソファーが欲しい時は、強度のあるカラーボックスを横向きにして、その上に厚みのある板を載せましょう。

 

 

中身を見せたくない時は収納側を上にして、隠すように板を載せます。向きによってサイズも変わりますから、板を買いに行く前にどの向きにするか決めて置きましょう。あとは好きなクッションを並べたらいいだけです。

 

もし高さを変えたい時は板から作ります。ホームセンターで板を買う時に、サイズを測っておけばカットしてくれるサービスもありますから、自分でノコギリを使う必要はありません。(サービスのないホームセンターもありますので、事前に確認してくださいね。)

 

カラーボックスと同じように板を打ち合わせてもいいですが、下の棚板をつけなくても出来ますよ。その代わりにカゴを並べてみたり、プラスチックボックスを入れてもいいですね。隠したい時はカーテンを取り付けてもいいですよ。

 

DIYは失敗も楽しむ余裕も大事

やってみたいと思ったらまずはイメージするところから始めましょう。どんな部屋にしたいのか、そのためには何が必要かを考えます。

 

例えば人気の北欧風の部屋にしたいとか、いやいや、プリンセスルームみたいにしたいとか、はたまた西海岸風がいいとか。ある程度のイメージが浮かんだら、そのイメージに近づけるためのカラーやアイテムを考えましょう。

 

アイデアが浮かばなければインテリア雑誌を見てもいいですし、今はブログでもたくさん紹介されています。

 

わたしは実際に大好きなインテリアショップや家具屋さん巡りをして刺激を受けたり、100円均一ショップのアイテムを見て考えたりもしています。

 

そうやって思いついて試してみても、上手くいかないこともやっぱりあります。それでもやり直しがきくのがDIYのいいところです!完全に無駄になることはほとんどなく、違う形になったら案外良くなることも。試行錯誤するのも楽しい時間です。

 

目標は高く!達人のDIYも参考にしてみよう

行き詰まった時や端材が残った時などには、インターネットで達人と呼ばれる人のブログなどを覗いています。

 

そうすると、「本当に自分で作ったの?!」と驚くようなDIYがたくさん紹介されています。同じカラーボックスを使っても器用に蓋がついていたり、プロのオーダーメイドじゃないの?!と思うほどぴったり棚がついていたり。

 

わたしも最近購入したのですが、電動ドライバーを使いこなしている「先輩」もたくさんいます。

 

賃貸だとどうしても制限がありますが、持ち家の「先輩」はだいたんに壁にもネジを打ち込み、あぁ、そこに棚があるだけでそんなに雰囲気を変えられて、なおかつ便利と、もう尊敬の念しかありません。壁紙を好きな色に塗り替えている人もいます。

 

いつかわたしも持ち家であんな風にできたら…と夢見る毎日!そうやって日々勉強をしていることで、そのいつかがやってきた時に理想の家を作れたら最高だと思いませんか?

 

今やDIYはお父さんの日曜大工のイメージはいっさいありません。それよりもオシャレな女性がこぞってしているものなのです。

 

ファッションと同じように個性を出せるものでもあり、好きな色に染めて楽しめるものでもあります。たくさんお金をかけなくても楽しめるし、気分が変わったら簡単に変更出来る、いいことづくめなんです!

 

ぜひ、今度の休みはマスキングテープを買いに出かけてください!そしてコンセントカバーをデコってみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加