このエントリーをはてなブックマークに追加 

学生さんの単身引越しは安易にプランを選んではダメ!

 

単身引越しを考えている学生の皆さん、これからどのようなプランで引越しをしようと考えていますか?

 

東京での一人暮らしの生活や初めてのひとりぼっちの就職に、期待や不安が入り混じっている頃でしょうか。そんな状況の中、出来るだけ引越し料金を安く抑えたいというのが、大きなポイントですよね。

 

引越し料金の相場を知るために、引越し業者に見積もりを取りましたか?インターネットで引越し業者の見積もり料金を検索すると、おそらく単身パックや学生パックというものが目についたと思います。

 

引っ越し業者には、学生向けの引越しプランで、「学生パック」のように、学生さんを対象とした安いプランが有ります。

 

学生向けの引越しプランは、卒業や進学、就職をする一人暮らしの学生さん限定で引越し代を割引するというものですが、各引越し業者の提案している単身者向け学生パックの中身を知っていますか?

 

引越しの見積もりを取った引越し業者同士の学生パックの見積もり料金を比較して、その中から一番安い引越し業者を選ぼうと思っていませんか?

 

もし単純に「私は学生だから安い学生プランに申し込もう」と考えているのであれば、それは、“ちょっと待った”です。

 

ネーミングだけで引越しプランを決めてしまうのは、余りにも安直というものです。“学生だから学生プランが一番安い”と勘違いしてはいけません。

 

場合によって学生の単身引越しは、引越し見積もりが安い「学生プラン」を選んだ方が高くなることもあるのです。引越し見積もりで一番安い引越し業者を選んだとしてもですよ。

 

引越し業者に引越し費用の見積もりを取る前に、出来るだけ安い費用で引っ越しをしたいなら、知っておいて欲しいことがあります。

 

これから私がお話することをよく理解してから学生向けの引越しプランを決めても、全く遅くはありません。

 

自分が本当に学生引越しプランに適しているのかを判断し、その上でどう引越しをするか、どう引っ越し業者を選ぶのかを決めて下さい。

 

私と一緒に引越しの金額を抑えて納得のいく引越しプランを比較しながら考えていきましょう!

 

引っ越し一括見積サービスを利用してみる

 

学生さん向けの引越しパックを扱う業者さんのいう“学生”とは?

ここでは、まず皆さんは、引越し料金の相場を比較する前に引越し業者さんのいうところの“学生”を理解しなければいけません。

 

はたして、引越し業者さんの思っている単身引越しをする学生という枠に、あなたは当てはまっているでしょうか。

 

全ての引越し業者さんがそうだとは言いませんが、大まかに引越し業者さんが思っている学生さんの単身引越しは、以下のようになります。

  • 単身だから引越しの荷物が少ない
  • 引越しする時間帯は引越し業者さんにお任せする
  • 一人暮らしでワンルームに住んでいる
  • 引越しを急がない
  • 1ヶ月前に予約してくれる

などが挙げられます。

 

「該当しているから大丈夫。」と思いましたか?

 

確かにあなたは、引越しの時間帯は引越し業者さんの都合の良い時間帯になっても問題なくて、単身引っ越しで、一人暮らしでワンルームに住んでいて、引越しを急いでいなくて、予約できるかもしれません。

 

では、そんなあなたに一つ質問です。

 

あなたにとって引越し業者さんの言う“単身で荷物が少ない”とは、どれくらいをイメージしていますか?

 

私はさっき、確かに“荷物が少ない”と言いましたが、イメージ的にどれくらいか全く触れていません。

 

そして、あなたの“荷物が少ない”と私の“荷物が少ない”の基準が違うかもしれません。

 

という事は、当然、引越し業者さんの“引越しの荷物が少ない”とあなたの“引越しの荷物が少ない”の基準が違う可能性がある、ということになります。

 

つまり、ここで言いたい事は、自分の引越しの荷物の量は引越し業者さんの“引越しの荷物が少ない”に該当しているのか把握しなければいけない、という事です。

 

何故か?それは、この引越しの荷物の量こそが、「引越し業者の学生パックの方や単身パック」が良いのか、「他のプラン」が良いのかを大きく左右するからなんです。

 

引越しの見積もり費用を比較して、安易に学生プランが安いと思ってはいけない理由がここにあります。

 

なので、次は、“荷物が少ない”の目安についてお話していきます。

 

引越し業者さんのいう“引越しの荷物が少ない”はこんな感じ

例えば、アート引越しセンターの学生プランは、2立法メートル(2m×2m×2m)に入る引越しの荷物の量を「学割パック」として運んでくれます。

 

アート引越しセンターの学生パックの詳細

 

2立法メートル(2m×2m×2m)に入る荷物の量の例として、

  • 洗濯機
  • ラジカセ
  • テレビ
  • 段ボール×6個

※京都〜東京(約550q)で31,752円(税込)

と引越し見積もり料金を挙げてます。

 

アート引越センターの学生パックでは、2立法メートルのスペースに入る引越し荷物の量であれば問題ない、という事ですが、あなたの引越しの荷物と比較してみてどうですか?

 

これはあくまでアート引っ越しセンターが挙げた一例かもしれませんが、もし、引越し荷物を比較してみて、これよりももっと少ない場合はどうでしょう?

 

例えば、引越し準備の段階で殆ど荷物を処分し、今は段ボール3個とテレビ、パソコン、布団しかない状況なら、間違いなくアート引越センターの学生プランで定義する2立法メートルのスペースは余ってくるはずです。

 

でも、いくらスペースが余ったからといって、アート引越センターの学生パックの引っ越し料金は安くなりません。

 

引越し業者が単身パックや学生パックの引越し荷物として定義している量より、あなたの引越し荷物が少ない場合、引越し業者を利用しない方法があるのです。

 

それは、宅急便を利用する、という方法です。

 

この場合は、家電製品はきちんと梱包することが前提になりますが、宅急便を利用すれば、仮に東京から京都に送ったとしても、1万円を切ります。

 

具体的に、引越し費用を比較してみましょう。

東京23区内から京都に送った場合
120サイズ段ボール(15s以内)×3個 4,536円
パソコンと14型薄型テレビ 3,024円
布団(160サイズ) 1,944円
合計金額(税込) 9,504円

こう考えれば、東京23区内から京都へ1万円弱の費用で引越しができます。引越しコストは引越し業者を利用した引っ越し費用の相場より、約3分の1とお安くなるのです。

 

一人暮らしの単身引越しは引越し業者に頼むということを、当たり前に考えていませんでしたか?

 

このように宅急便で送れば、引越し業者の単身引越しパックを利用するより安く抑えることが出来ることもあるのです。

 

もちろん、荷造りや洗濯機の梱包等の引越し準備や作業は全て自分で行う事になりますが、それでも、引越し費用が約三分の一に抑えられるのなら引越しの準備が多少大変でもやりますよね。

 

ましてや単身のワンルームであれば、大きな荷物も少ないでしょうし。

 

まだ、引越し業者を利用しないで、宅急便を利用した方が、引っ越し業者の見積もりよりも安いということが信じられない方もいるかもしれません。

 

では、上記のアート引越しセンターの例と同じ荷物を、京都から東京に全て宅急便で送った場合にはどうなるでしょうか?

 

答えは、それでも“京都から東京に宅急便で引っ越し荷物を送った方が引っ越しの費用が安い”のです。

 

ちょっとビックリですよね。できるだけ安い費用で単身引越しを考えているなら、引越し業者の見積もり料金と宅急便の費用を比較しない手はありません。詳細は次で説明します。

 

荷物が少ない引っ越しで、引越し業者に頼むより宅急便の引越しが向いてる人と、そうでない人

まずは、先程の答えの金額の内訳を見て比較して下さい。

布団 1,944円
洗濯機 8,694円
ラジカセ 1,512円
14薄型テレビ 1,512円
段ボール(120サイズ)×6個 9,072円
合計金額(税込) 22,743円

引越し料金を比較すると、その差は31752円-22,743円= 9,009円

 

このように、全て荷造りをして宅急便で送ったとしても、引越し業者の安い単身パックを利用するより、9,009円お得なのです。

 

先程も言いましたが、もちろん、梱包から荷造りまで引越しの準備を全て自分ですることが条件ですけどね。

 

従って、引っ越しの荷物が少ない場合、引越し準備をしたり荷造りをすることが苦にならない人は、引越し業者の料金の相場よりもこっちの方がお得なのです。

 

逆に、9,000円余分に支払っても、引越し準備をして欲しい方は引っ越し業者の単身パックや学生プランのサービスを選べばいいのです。

 

安い引っ越し業者を調べる

 

安い費用で段ボールの準備や梱包作業をするか、少し高くても面倒な作業を引越し業者に頼むのか、あなたの一人暮らしの引っ越しにはどちらが良いのか比較してみて下さい。

 

要は、学生の単身引越しは「選択肢がある」という事を分かって欲しいのです。

 

宅配便で引越しが向いてない場合

でも、この宅急便での単身引越しが不向きな人がいます。

 

ヒントは上記内訳をよく見て欲しいのですが、明らかに送料の単価が高い荷物が有りませんか?そう、“洗濯機”です。

 

洗濯機や冷蔵庫、ベッド、ソファーといった、いわゆる“大型家電・家具”は送料の単価がかなり上がります。こういったものが引っ越しの荷物に多い人は、宅急便の引越しは不向きになります。

 

仮に、上記、金額内訳例の荷物から、布団を持っていくのを止め、2ドアの冷蔵庫を追加すると、単純に6,750円追加され、2,259円しか引っ越し料金がお得になりません。

 

そうなれば、考え方にもよりますが、2,259円追加して引越し業者に梱包サービスや引越し作業もお願いした方がお得と考える人もいるかもしれませんよね。(因みに、シングルベッドの税込み送料は、東京23区から京都に送った場合は、19,170円、二人掛けのソファーは12,150円もします)

 

これなら引越し業者の単身引越しサービスを利用した方が良いでしょう。

 

つまり、“大型家電・家具”がどれだけあなたの引越の荷物に含まれているかがポイントとなるんです。

 

もう一度、自分の引っ越し荷物に含まれる冷蔵庫などの大型家電や家具類を確認してみてくださいね。

 

大型家電や家具は引っ越し先で買ってもよし!

学生の単身引越しをされる方の中には、就職や進学のために実家から引越しをする人がいると思います。

 

上記の説明でわかったと思いますが、“大型家電・家具”の送料は単価が非常に高くなります。

 

二人掛けのソファーは12,150円って、これ、普通に安いホームセンターに行って購入できる金額ですよね。更に、2ドアの冷蔵庫や洗濯機なんかは8,694円(税込み)します。

 

これだって、気に入ったものを買ってから一人暮らしの新居に送るとなると、折角安く買ったとしても、送料が追加されてしまう事を考えると、逆に高い買い物をしたことになってしまいます。

 

それなら、引越し先の安い電気屋さんで購入する方が賢いのは言うまでもありませんよね。しかも、一人暮らしの引越しの部屋に合わせて、ぴったりの物を買った方が良くありませんか?しかも、引っ越し費用まで安く出来るのですから。

 

なので、私からの提案としては、“大型家電・家具は引越し先で買う”です。

 

学生単身引越しの荷造りアドバイス!

実家から引越しをする単身の学生さんが、もし私の提案を採用して、大型家電や家具を引越し先で買う事にすれば、引越し先に持っていく物は、衣類や本、テレビ、パソコン、その他の細々した生活必需品ぐらいになります。

 

これって、衣類は衣装ケース、テレビ以外は段ボールに入りますよね。ここで私からのアドバイス!

 

引越し業者を利用せず、宅急便で引越し荷物を送る時の梱包のコツをお教えします。相場より引越し料金を安くできても壊れてしまっては台無しですからね。

 

パソコンを段ボールに入れる際は、一番下に入れず、バスタオルやクッション等で挟むようにいれて、周りは必ず隙間を作らない様にして下さい。そして、パソコンはエアキャップでしっかりと巻いて梱包して下さいね。

 

“エアキャップ?”エアキャップとは、皆さんがいう“プチプチ”ですよ!

 

そして、アドバイスがもう一つ。テレビは段ボールに入れてはいけません。かなり段ボールのサイズが大きくなってしまうため、送料が上がってしまうからです。

 

でも、梱包しないと画面が割れてしまいますので、当然エアキャップで画面を重点的にまきます。

 

しかし、それではまだ不安です。ここで登場するのが、“片段”です。裏面がボコボコした、薄い段ボールです。それを更に、エアキャップで巻いた画面に巻いていきます。

 

見た目は薄くて、“これ大丈夫?”って思うかもしれませんが、これは緩衝材としてはかなりの優れもので、引越し業者もテレビの画面を保護する際には必ず片段(薄い段ボール)を使います。

 

ボコボコした面を画面に接するように巻いていきます。間違っても逆にはしないでくださいね。全く意味が無くなりますから。

 

ここで、やっと私の結論。

つまり、このように実家からの単身の引越しは、きちんと梱包し、ある程度の大型家電・家具は引越し先で買うようにすれば、荷物がかなり少なくなるのです。

 

そうです、荷物の少ない一人暮らしの引越しは、引っ越し業者を利用せずに宅急便で送ればいいんです。間違いなくその方が引っ越し料金は安いですから!

 

だから、“実家からの引っ越し荷物が少ない単身の引越しは引越し業者は必要ない”ということになります。

 

もちろん、こだわりの机や家具、ベッド、洗濯機が有れば、それは引越し業者さんの安い単身パックを利用するべきです。

 

荷物の量をきちんと把握した上で安い学生プランを利用すれば、引越し業者の見積もりの方が、宅急便を利用した引越しより安くなる場合もあります。

 

ただ、安易に“私は単身の学生だから、学生プランにしよう”“単身パックの引っ越しプランが安いだろう”と引越し業者を決めていけない、ということです。

 

あなたの場合はどのプランが合っているのか明確に知りたい場合は、引っ越し一括見積サービスで料金比較をしてみてください。

 

そうすれば引越し業者を利用したほうが安いのか、宅配便で送ったほうが安いのかすぐに比べることができます。

 

出来るだけ安い費用で引越しをしたいなら、宅急便を利用する手もあるということを念頭において引越し一括見積もりサービスを利用し、引っ越し料金を比較検討することが重要です。

 

引っ越し一括見積サービスを利用してみる

このエントリーをはてなブックマークに追加