このエントリーをはてなブックマークに追加 

一人暮らしの特権!部屋はこだわりのインテリアにする!

 

あなたは、「こんなお部屋に住みたい!」という願望はありますか?

 

私は、普通のお部屋であればどんな雰囲気でも素敵だなぁと思っていました。雑誌を見てみると、どのお部屋も本当に綺麗で住みやすそうに映ります。

 

そして、いざ一人暮らしを初めてみると、あれ...?

 

なんだか色んなデザインのものがバラバラにおかれていてごちゃごちゃ。私が目指していた雑誌に載っているようなお部屋はとてもじゃないですが実現されていませんでした。

 

でも、それから約6年たった今、色々と試してみて、やっと納得できるお部屋が出来てきています。

 

今回はそんな私の経験を通して、皆さんに素敵なお部屋の作り方とその心持ちについてご紹介していきたいと思います♪

 

そもそもインテリアって何?

そもそもインテリアって何でしょうか。私もしばらく曖昧でした。少し調べてみると・・

 

【インテリア】:室内装飾、室内調度品

 

と出てきます。つまり、家具でも花瓶でも、下手をすればごみ箱だってきちんとデザインにこだわれば室内を彩るもの、つまりインテリアになり得るわけです(笑)

 

こだわればどんなものもオシャレなインテリアに仲間入りだなんて、意外とインテリアって簡単で楽しそうですね♪

 

インテリアはそこまで難しくない

「配置が難しい、ある程度センスがないとできない・・」そんな少し難しいイメージがあるインテリア。

 

大丈夫です!私は部屋を彩るなんてもってのほか、部屋の片付けすら苦手な人でしたがある程度の可愛いお部屋になっています(笑)

 

今回ご紹介するのは、センスがなくったって、お金が厳しくたって、簡単にできるインテリアのコツです♪

 

最低限、部屋のテイストを決めて頭にいれておく

お部屋の雰囲気を作り上げるのは、壁紙などもありますが、多くはもちろん、部屋に置く物達です。机やベッド〜小さい棚や人形まで、お部屋を彩るものはたくさんあります。

 

最初は「こんな部屋にする!」と多くの人が1度は想像してみるものの、結局すんなりと理想のお部屋ができあがることは少ないはずです。

 

一体その原因は何なのでしょうか?

 

原因その1:お部屋のテイストがシッカリ決まっていないから

こんなお部屋にしよう!と決めてもなかなかはっきりとさせずに曖昧なままにしてしまうことは多いですよね。

 

私もしばらく「こんなだったらいいな♪」という理想があっただけで、はっきりと部屋の雰囲気は決めていませんでした。

 

一時は白×ピンクのお姫様のようなお部屋に憧れたり、かと思えばウッドテイストのナチュラルなお部屋に憧れたり、結局買うものもバラバラ…気づいた頃にはよくわからないお部屋になっていました。。

 

心地良く、ある程度雰囲気が統一されたお部屋を作るためには、お部屋のテイストを曖昧なままにせず、シッカリと決めてしまうことが大切です。

 

原因その2:お部屋のテイストがシッカリと頭に入っていないから

お部屋はこんな風にしよう!と雑誌を見たり、自分のイメージで決めたとしても、買う時には自分の部屋に合わないものを買い揃えてしまっている場合もありますよね。

 

これは、物を買うときに、自分が決めた部屋のイメージを忘れてしまっているからです。

 

そんな当たり前な原因かい!という感じかもしれませんが、買う時にいつも自分の部屋に合うか想像することってなかなか実践できないものです。

 

特に魅力的な商品に出会ってしまうと、自分の部屋に合う合わないに関わらず、買ってしまうこともあります。商品のPRはどのお店も上手いものですね(^^;)

 

だから、物を買う時は断固として、「自分のお部屋はこんな雰囲気だぞ!」という強いイメージを持ち続ける事をオススメします。

 

お部屋のテイストがなかなか決まらないあなたへ

部屋のテイストを決める事って結構な決断が必要ですよね。だってその雰囲気に沿って沢山のお部屋に置く物のデザインを決めて購入していくわけですから。お金をかける分、結構リスキーです。

 

もし、途中で飽きてしまったら?趣味が変わってしまったら?なんて考えると、なかなか決まりません。考えることに疲れてしまいます。

 

そんなあなたに、自分のお部屋のテイストが決まらない場合の対処法をお伝えします。

 

決まるまで大体のものを100円ショップで揃えてみる

お部屋の雰囲気を決めかねているあなたにオススメするひとつの方法がとりあえず100円ショップで物を買い揃えてみることです。

 

何故かというと、いざこんな部屋にしよう!と決まった時やとても良いデザインの商品を見つけた時に、比較的簡単に買い換える事ができるからです。

 

高い物って手放す事を結構ためらってしまいますよね。でも100円のものだったら、高い物に比べて「ありがとう」といって割と簡単に手放せると思います。

 

今の100均はデザインも良いですし、機能性も優れています。自分の満足がいくお部屋が決まるまで、出来るまで、しばらく100均のもので満足な生活を送ることは十分可能です。

 

無地のものを揃える

なかなかどんな部屋にしたら良いか分からない方におすすめするもう一つの方法が、ひたすら無地のものを揃えてみることです。

 

特に、「無印良品」のデザインは無地の良さを最大限に引き出したものが多いですし、購入後の後悔もほとんどないと思います。

 

また、無地のもので揃えておけば、あとからどんなデザインの家具を買っても大抵は邪魔せずに受け入れてくれます。その場になじんでしまうんです。

 

間違えても、色んなデザインの物が混在してごちゃごちゃ..なんていう状況にはなりません。最初は無地のものを買ってみるのも一つの手だと思います。

 

私には、自分のテイストなんか決めずにそのまま住んでもいい、と思うくらい無地、特に無印良品で揃えたお部屋は魅力的に映ります(笑)

 

キッチン小物はカラーを揃える

キッチンって結構ごちゃごちゃしがちですよね。特に一人ぐらしのキッチンは狭く、収納も少ないので物が散乱しがちです。

 

私もごちゃごちゃしていて、友達に「物が増えたね、多いね」と言われてしまっていました(^^;)

 

しかし一人暮らしを初めてから2年目には、キッチンも変わり、友達には「可愛いキッチンだね!」と言われるようになりました。特に難しいことはしていません!

 

キッチンのカラーを統一

私は基本的に100円ショップで物を揃えているのですが、基本的に100均に売っているものは3〜4色のカラーバリエーションがあります。

 

あるとき、もう色を選ぶのがめんどくさい!と思ってピンクのものしか買わなくなりました。

 

本当に色を選ぶのがめんどくさかったからピンク一色にしていただけなのですが、色が統一されることによって、ごちゃごちゃしたキッチンに絞まりが出て、一気に「可愛らしいキッチン」に早変わりしました。友達からも好評です!

 

 

「カラーを統一する」というのは、その場の雰囲気を作り出せる簡単な方法ではありますが、広いお部屋ほど置く物の種類が複雑化してくるので難しいです。

 

 

ですので、狭いキッチンは色を統一するという方法で素敵な空間を作り出せるベストな場所だと思っています。

 

是非、皆さんも一度、キッチンのカラーを統一する、ということを試してみてください♪

 

香りにこだわる

お部屋のインテリアの代表格、「アロマ(香り)」。香りが好きな人、嫌いな人、特にこだわりのない人もいると思います。

 

嫌いな人はもちろん消臭に徹底してしまえばスッキリしますし、好きな人は既に素敵な香りを近くに置いて生活しているかもしれません。

 

特にこだわりのない人、香りを気にしたことがない人もいると思います。私は、香りなんてまったく興味がない人でした。何せ実家では芳香剤なんておいていなく、トイレに「消臭剤」がある程度だったので(^^;)

 

しかし、ふと、300円ショップでアロマキャンドルを買ったことがきっかけで香りの虜になってしまいました(笑)

 

「香り」で気分をリラックス

仕事三昧で疲労困憊していた私ですが、アロマキャンドルの香りが充満する部屋に帰ってくると自然と気分が落ち着いてリラックスできたことに、びっくりした事を覚えています。

 

嗅覚は視覚や聴覚と違って、本能にダイレクトに作用するので、理屈抜きで人の気分を左右します。もちろん、嫌いな香りであれば瞬時に嫌な気分になるし、好きな香りであれば幸せな気分になります。

 

ですので、香りで癒やされる、気分が落ち着く、というのは思い込みでもなんでもなく、まさしく本能に沿った効果なのです。

 

是非、自分の好きな香りをお部屋に置いてみましょう。

 

何を使う?

香りは通常の芳香剤の他にアロマキャンドル、アロマディフューザーでも香らせることができます。

 

私は最初のうちは本物のアロマキャンドルを使用していたのですが、寝るときに消し忘れるということが何回かあったので、今は電子キャンドル「ルミナラ」を使用して、香りは別にサワデーのバニラの芳香剤を置いています(^^;)

 

 

アロマディフューザーは残念ながら使用したことはありませんが、加湿器で加湿しながら香らせるタイプが多く、とても人気が高いようです。

 

まだお部屋に香りを置いてみたことがない方は、手軽に買える芳香剤から試してみて、徐々にアロマキャンドル、アロマディフューザーなどを試してみるといいと思います。

 

私は、普通にドラッグストアに置いてある芳香剤ですが、サワデーハッピーのバニラを愛用しています♪とっても良い香りでお値段も300円弱と、とってもお手頃です。

 

 

敏感な人には、もしかしたら、安っぽい匂いに感じてしまうかもしれませんが、一度試してみるといいと思います。

 

皆さんもお気に入りの「香り」の力で是非気分をリラックスさせてみてください(^^)

 

部屋を可愛くするならウォールステッカーがおすすめ

ウォールステッカーという言葉をきいたことはあるでしょうか?みなさんに、お手軽にお部屋を可愛くする方法の一つとして、「ウォールステッカー」をご紹介します。

 

ウォールステッカーって何?

ウォールステッカーとは主に部屋の壁などに貼るシール状のインテリア用品です。お部屋の模様替えやワンポイント付けが簡単にできます。もちろん壁に貼ることを目的として作られているので、壁を傷つけてはがしてしまうことは滅多にありません。

 

シールの他にも転写式のものなど様々なタイプがあるようですが、今回は簡単で私も使っているシールタイプのウォールステッカーをご紹介します。

 

どこで買う?

もちろんネットや雑貨店に置いてあることは多いですが、500円ほどすることもあります。今は100円ショップにも沢山のウォールステッカーが置かれていて、可愛くて値段もかなり安いので最初は100均で自分の好きなものを購入してみることをオススメします。

 

ウォールステッカーで彩った私の部屋の壁です(笑)

 

 

 

 

センスが要る?貼るのが難しそう

私も最初は、めちゃくちゃ思っていました。センスという意味で貼るのが難しそうという問題。

 

でも、実際に貼ってみると結構こうした方がいいかな?という調整がきいてきて、すんなり貼れました。あと、ネットでイラストなどを画像検索して、その通りに並べてみたりもしました(笑)

 

最初からオリジナルでセンス良く彩れる人なんてほとんどいません。好きなデザインの物をマネして貼ってみると楽しいと思います。

 

ウォールステッカーの利点は、何回でも張り直せるということです。是非、気軽に試行錯誤して楽しんでみてください♪

 

マスキングテープでも代用できる!

ウォールステッカーはマスキングテープでも代用できます。私も、細いマスキングテープを重ねて貼って大きいテープにして、ハート型にカットして貼ったりしています。

 

マスキングテープは種類も豊富でウォールステッカーよりも簡単に手に入れることができますよね。ウォールステッカーの他にも用途に富んでいてかなり使えるお役立ちアイテムです♪ 簡単に貼って剥がせてお部屋を彩ってくれるウォールステッカー。是非活用してみてください。

 

初めてだとなかなか難しいお部屋のインテリア。あなたがいいな♪と思う方法とデザインで素敵にお部屋を彩って「帰りたくなるお部屋」を実現してみてください(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加