このエントリーをはてなブックマークに追加 

一人暮らしをしているとよくあるお金のトラブル回避テクニック

 

一人暮らしを始めると言うことは、問題が起こった時も基本的には一人で解決する必要があると言うことです。

 

今まで親を頼りっぱなしだった人は、一つの確認ミスや少しの気の緩みがこんなに大変なことになると実感することがあるかもしれません。

 

様々なトラブルが起こる中でも、特に怖いのはお金に関わるトラブルです。

 

「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉があるように、時としてお金は人の気持ちも変えてしまう力があるものです。お金のトラブルから身を守る為に、出来ることは何でしょうか?

 

そもそもなぜ退去時には敷金トラブルが起こるの?

一人暮らしでよくあるのが、敷金についてのトラブルです。特に汚していないのに敷金がほとんど戻ってこなかったり、本来なら貸し主が負担すべき修繕費まで請求されることがあります。

 

そもそも敷金とは、家賃滞納の際などの為に貸し主に預ける保証金であって、何もなければ全額返還されるべきお金です。

 

ただ、退去時のハウスクリーニングは借り主負担とか、敷引きと言ってはじめからいくらかは戻りませんと契約書に書いてある場合がほとんどです。

 

賃貸契約を結ぶ際にはこれをきちんと確認しておかなくてはいけません。違法な額でない限り、このような契約書を交わしてしまうと、聞いてなかったでは済まなくなってしまうからです。

 

自信がない場合はコピーを先にもらって、よく読んでおくことも出来ます。

 

何もかも借り主負担じゃない!“原状回復義務”の正しい解釈があなたを敷金トラブルから救う!

確かに、借り主には「原状回復義務」と言って、「部屋を借りたときの状態に回復して明け渡す」という義務があります。

 

それでも普通に生活していて汚れる分、例えば畳やフローリングの日焼けや、壁紙の軽い電気焼けなどは貸し主が負担することになっています。何でもかんでも借り主が払う必要はないのです。

 

ひと昔前は貸し主が強気で、借り主は言いなりという風潮でしたが、最近はそうではなくなってきました。それでも昔のままの風潮を引きずっている貸し主がいるのも事実です。

 

もちろん、フローリングに何か落として大きなキズを作ってしまったり、コンロ周りにひどい焦げ付きがあったりすると、それは借り主の負担で修繕する必要があります。

 

ペットがつけたキズやコーヒーなどをこぼしてしまってカーペットに作ったシミなども同様です。

 

あまり知らていないけど大事なこと。実は『原状回復義務=収去義務』なんです。

原状回復義務は“部屋を借りたときの状態に回復させる”という事だけにクローズアップされがちなのですが、実は“収去義務”の側面もあるのです。

 

収去義務とは、簡単に言えば「自分で新たに設置したものは撤去する」という事です。

 

例えば、入居時にはクーラーが無かったので設置した、シャワートイレを設置した、などがこれに該当します。

 

でも、これって普通に考えてよくある事ですよね。クーラーなしの夏なんて考えられません。

 

「部屋のグレードがアップしたんだから、退去時にはそのままでいいよね。貸し主さんだってその方が助かるはずだよ」なんて考えは、こっちの勝手な都合でしかないのです。

 

つまり、退去時にはこういった自分で設置したものも全て取り外すことがルールとなりますので、勝手に置いていってはいけません。

 

このルールを破ってそのまま放置すると、撤去作業代を貸し主から請求されても文句は言えません。

 

ただ、どうしても撤去が困難な場合には、退去前に一度、管理会社に相談してみましょう。勝手な判断は決してしないで下さいね。

 

敷金トラブルは入居前のチェックが肝心!回避できるかできないかはあなた次第。

また、入居した時からあったキズを報告せずにいると、退去時にその分の修繕費を請求されることがあります。

 

まず入居前に細かいキズやガス機器などの不具合がないか確認しましょう。もし何か不具合が見つかったら写真を撮るか、貸し主や不動産会社の担当者に実際目で見て確認してもらっておく必要があります。

 

修理が必要な場合は入居前に行ってもらいましょう。修繕しない場合は確認済みのサインを必ずもらいましょう。

 

わたしも入居時にあったキズに気がついていたものの、小さいから気にしていなかったら、退去時に修繕費を請求されてしまいました。

 

はじめからあったと言っても何も証拠がありませんでしたので、結局払う羽目になって悔しかったのを今でも覚えています。

 

みなさんも、そのようなことがないように隅々まで確認してくださいね。そうすれば退去時にトラブルになることはありませんので。

 

最近、頻繁にある悪徳商法。相手は“騙しのプロ”と心得よ!

 

世の中には人の小さな隙につけ込んで、大きな利益を得ようとする輩がたくさんいます。「自分は騙されない」と思っていても相手は言うなれば「騙すプロ」。

 

あの手この手で騙そうとしてきます。「オレオレ詐欺」が全国に広がってからも騙される人が絶えないのは、そう言ったところにも原因があります。

 

最近よくあるのは、不当なネット請求や架空請求です。わたしの携帯にもよく覚えのないメールがきます。

 

「あなたの利用したアダルトサイトの利用料が払われていません。今日中に支払われなければ法的措置を取ります。」みたいな内容で、下に連絡先が書いてあります。

 

これ、一度は目にしたことありませんか?アダルトサイトなんて利用したことがないから「あぁ、きたきた」と思って無視できますが、ちょっとでも身に覚えがあるとつい連絡してしまうみたいですね。

 

それから、そのメールにホームページらしきアドレスがあったので確認しようとクリックすると、「入会ありがとうございます」みたいなメッセージが出て、入会金を支払うように促す場合もあります。

 

クリックしてしまった後ろめたさから払ってしまう人がいるようですが、そんなのデタラメですよ。クリックしただけで契約なんてあり得ませんから!

 

一度支払うと違う形でどんどん請求が続いたり、他の業者に情報が流れて狙われるなんてことにもなってしまいます。

 

心配な人は消費者センターに相談したらいいですけど、無視したり、アドレスを変えてしまっても何も影響はありません。

 

業者に下手に文句の電話などをしてしまうと、電話番号や性別はすぐわかってしまいますし、「調べますので住所・氏名・生年月日を教えてください」とか言われて、まんまと個人情報を与えることにもなりかねません。

 

その連絡先やメール内容をネットで検索すると、たいてい「悪徳業者」や「迷惑メール」などの結果が出てきますから、気になったら検索してみてくださいね。騙されない為には慌てないことが一番です。

 

実体験!今どきのキャッチセールス商法

 

わたしが経験したことがある悪徳商法に「キャッチセールス商法」があります。休日に街を歩いていたらイケメンサラリーマンに声をかけられました。

 

「アンケートに答えてもらえませんか?」と。

 

特に急ぐ予定もなかったので、興味半分アンケートを見せてもらいました。アンケート内容は特に変わった質問などなく、「肌の手入れで気をつけていることは?」とか、「化粧品を買う時に何を基準に選びますか?」とかそんな内容でした。

 

個人情報を書くところはなく、本当にただのアンケートかなーと思いながら終了しました。

 

すると「もし時間があったら家で出来るお手入れを女性スタッフが教えますよ」と言われました。「もしや、きたー?!」と思いながら悩むそぶりを見せていると、美しい女性スタッフ登場。

 

どこかに連れて行かれるのかと思いきや、にこやかな笑顔ですぐ近くの喫茶店に誘われました。「あっ、これならいざという時逃げられる」と思ってついて行ったのです。

 

「好きなもの頼んでいいですよ?」と言われて遠慮なくカフェオレを注文すると、とにかくはじめは「肌キレイですねー」とか褒めまくるんですよね。

 

こちらが「そんな事ないですよ。乾燥肌だし…」とか言ったら、そこから営業開始です。

 

乾燥肌に効く家で使えるエステマシーンなるもののカタログが登場し、営業トーク炸裂。言っていることは間違っていないし、そのエステマシーンの値段も3万円くらいで、べらぼうに高くはない。

 

でもね、このマシンが本当に効果があるのか怪しいですよね?そして購入したら次はお高い化粧品が出てくる可能性もありますよね。

 

どこか別の場所に連れて行かれる可能性もあります。もちろんわたしは「お金ありません」と断りましたが、ちょっと気の弱い人なら買ってしまうかもしれませんね。

 

テレビで見るような「ザ・悪徳商法」みたいな雰囲気はいっさいなく、終始にこやかで、断った時もしつこく勧誘してくることはありませんでした。もちろん喫茶店のお金は払ってくれましたよ。

 

でも、この「近くの喫茶店」だから安心してついて来る人が多いのかなと思いました。

 

実は本当に素晴らしいエステマシーンで、騙す気なんてなかった可能性も多少はありますけど、それならショップを構えて販売するでしょうから、やっぱり怪しいと思います。

 

家で出来るお手入れについての話もありませんでしたしね。やっぱり声をかけられても無視するのが一番ですよね。

 

あとはモニター商法とか、マルチ商法とかもありますね。こちらは、儲かると思わせておいて実は買わせるだけだったというものが大半です。

 

おいしい話には裏があるとよく言いますよね。それから残念なことに、友人や恋人だと思っていた人に騙されるケースもあります。

 

もし誰かとお金の話になったらわたしは常に「お金ない。貸して欲しいくらいだよ。」と言っています。友人を疑っているわけでなく、どこで誰が聞いているかわからないからです。

 

騙す、騙されるとかばかり考えているとちょっと悲しい気持ちになってしまいますよね。それでも万が一の可能性をどこか頭の片隅においておかないと、トラブルに巻き込まれてしまう可能性は誰にでもあります。

 

気持ちに余裕がない時ほど騙されやすいですしね。メールやセールスの人が来た時に「おっ、これはもしかして?」と楽しめる余裕が出来たら、騙されることもなくなりますよ。

 

まぁ、わたしみたいに騙されたふりをしてついて行くのはお勧めしませんけどね。たまたま大丈夫だっただけで、危険な目に合わない保証はどこにもありませんから。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加