このエントリーをはてなブックマークに追加 

これで完璧♪一人暮らしで友達が来るときの対応方法

 

あなたは、友人を家に招き入れたことはありますか?

 

同居者を気にせず、家で気兼ねなく親しい人と楽しめるのも一人暮らしの良さの1つではないでしょうか。しかし、来客者を迎えるときにどんなことに気をつけたらいいのか迷うことも多いかもしれません。

 

もちろん、相手が好むのはきちんと掃除された清潔感のある部屋ですが、今回はそのようなお部屋に加えて、最低限以上、つまり、「来客者への+αの対応とそのお部屋」についてご紹介していきたいと思います♪

 

これが出来たら友人に喜んでもらえること間違いなしです(^^)

 

どのくらいの人数?泊まる?

家に来てくれた人をどのようにもてなせばいいかはその人数や泊まるのかによって変わってきます。

 

実際、私も1〜10人程度まで様々な友人を家に招きいれましたが、その都度必要なものや困ることは違っていました。

 

食事の場合でも、人数が多いほど、もちろん必要な食器数は増えますし、泊まるか泊まらないかで家の状態をどこまで整えるのか違います。

 

今回は、色んな場面を考えつつ、来客時の対応についてご紹介していけたらなと思います。

 

清潔感のあるお部屋って?

来客者への+αの対応をお伝えしたいと言いましたが、もちろん、丁寧なもてなし以前に、最低限、人を招くことができる清潔なお部屋にしておく必要があります。

 

では、清潔なお部屋とはどのようなものでしょうか。

 

これは私の見解ですが、髪の毛、ホコリの掃除が最低限されている部屋です。しっかりと、はたきを使ってはたいて、床はコロコロをかけておくようにしましょう。いくら素晴らしい家具やインテリアがあってもホコリだらけでは意味がありません。

 

また、お客さんを座らせるリビングなどはしっかり片付ける場合が多いですが、忘れがちなのが以下の場所です。こうであったら尚良い!という状態を加えて、解説していきます

玄関

一番はじめに人を迎え入れる場所です。靴が散乱している場合は揃えて、匂いが気になりやすい場所なので消臭剤を置いておくと良いと思います。

トイレ

必ずしも使うとは限りませんが、きちんと整えておきましょう。綺麗な場所ではないので、スリッパを用意するか、マットを敷くことをおすすめします。
芳香剤または消臭剤を置いて、トイレットペーパーは手が届く場所に予備があるか確認した方が良いです。また、見られたくないトイレ用品はしっかりと隠しておきましょう。

キッチン

キッチンは意外とみられています。特に一人暮らしの場合は洗面台がなく、キッチンで手を洗うことも多いですので、シンク内の洗い物は出来るだけ片付けましょう。また、手を拭くタオルが濡れている場合は取り替えて、ハンドソープも切れていないかチェックすると良いと思います。

結構細かいので、全て出来ていればすごいと思います。私も、家に初めて招く人がいるときはこだわりますが、何回か来ている気の知れている友人であれば「ごめんね〜」と言って手を抜くことも多いです(^^;)

 

様々な場所の片付けに対して、「このくらいでいいかな?」を判断する基準として、例えば初めて家に呼ぶ先輩に見られても大丈夫か?と自問自答してチェックしてみるといいと思います(笑)

 

これで完璧♪素敵な対応

さて、「ある程度綺麗なお部屋」とはどんなものかをご紹介してきたところで、さっそく、こんなことが出来れば完璧!な+αのもてなしをお伝えしていきたいと思います♪

 

食事

親しい人との時間を楽しくする重要な役割をするのが食べ物ですよね♪おもてなしの代表格ともいえそうです。

食器

よく、食器は何人分揃えるべき?とききますが、一人暮らしでは2人分揃えればいいです。家に来る友人も、2人の場合はゆっくり過ごしたいしたいという気持ちもあるでしょうし、きちんとした食器を使った方が落ち着くでしょう。

 

逆に3人以上の場合は、紙皿・割り箸・紙コップで十分です。その方が、みんなに洗い物の気を遣わせることもないですし、紙製品なら多少荒い扱いをしても大丈夫なので気軽にワイワイ楽しめます。

 

私のまわりで大人数で集まるときはよく、紙コップに面白おかしく名前を書いて楽しんでいます(笑)また、女子会など、あまり安っぽさを出さずにオシャレに食事を楽しみたい場合でも、100円ショップに行けばかなり素敵な紙皿や紙コップが沢山売っているので、それを利用すると良いと思います♪

お菓子

一人暮らしの場合、大体の来客者はお菓子があるなんて期待していないです。そんな時、少々のお菓子が出せればあなたはかなり気が遣える人になるでしょう。

 

よくスーパーに売っている大袋に入った個包装のチョコレートがあると良いと思います。次にオススメなのはあめ玉です。2〜3人の少数で集まる場合はこのようなちょっとしたお菓子が喜ばれます。

 

ちなみに大人数で集まる場合は、大体買い出しの人がお菓子が必要なら買うはずですので、無理に用意する必要はありません。

お茶(2L程度)

冷たいお茶は来客がある場合は用意しておいた方がいいです。私は水出しタイプで家でお茶を作っています。2人などで集まる場合は、+して温かいお茶やコーヒー、紅茶があると良いでしょう♪

 

大人数で集まる場合は、特にお茶は必要です。買い出しがあっても、結構ソフトドリンク類は忘れられがち、甘く見られがちです(笑)そんな時に「お茶余分にあるよ」と言って出してあげられれば、かなり喜ばれますよ(笑)

おしぼり

友人と集まると、何かしらお菓子をつまみます。するとチョコや油で手が汚れます。

 

何も用意していない場合は、みんなティッシュを使うのですが、ゴミが出てしまいますし、何よりあまりしっかりと拭けません。大人数だと尚更ティッシュがそこらに散乱してしまいます(^^;)そんなときは、おしぼりを用意してあげるといいです。ハンドタオルをぬらして、丸めて食卓に置きます。

 

2,3人であれば人数分用意するのもいいですが、大人数の場合はそんなに沢山いりません。みんなの手が届くところにポンと置いておけば十分です。

ゴミ袋

これは大人数の時に限りますが、とにかく人が増えるとゴミがでます。空いたお菓子の袋もそうですし、ティッシュもそうです。

 

そんな時、家のあちこちにゴミ箱があれば問題ないのですが、なかなかそうもいきませんよね。そこで、大人数で集まる場合は、ゴミ箱から遠いところにゴミ袋を一つ用意してあげましょう。

 

これで、友人に「ゴミを捨てたいのに捨てられない」なんてウズウズさせることも少なくなります。特に一人暮らしのワンルームは狭いので、ゴミ捨てで立ち上がるだけでも自由に動ける大きなお部屋とはワケが違います(^^;)

水切りは綺麗にしておく 

何人で集まっても、使ったお皿や器具は友達が「洗うよ」と言ってくれることがあります。そんな時は、ありがとう♪と言って厚意に甘えた方がお互いに気持ちがいいでしょう。

 

しかし、お皿を洗ったあとに置く場所がないと友達も困ってしまうので、お皿の水切りにある乾いたお皿はしまって綺麗にあけておいた方がスムーズです。

 

生活

食事以外の部分でのおもてなし、気遣いのポイントをご紹介します。

コートはかける 

冬場はコートをハンガーなどにかけてあげましょう。特に大人数で集まる場合はそれぞれがコートを床に置くだけでかなりのスペースをとってしまいます。もちろんしわ対策にもなります。

クッションを置く 

私の家には座布団とクッションがありますが、断然クッションの方が人気で、「癒やされる〜」と言って大体の友人がモフモフしています(笑)

 

更にクッションを枕にして知らない間に寝ています(^^;) この点で、クッションを余分に置いておくと、急に泊まる場合でも枕代わりに使ってもらえる事がわかります。

 

普段自分が使うものは触られたくない人も多いと思うので、自分の為にも、相手の為にもクッションを置くなら余分に用意することをオススメします。多くても3個あれば十分だと思いますが(^^;)

充電スペース 

長時間いると、携帯の充電が切れそう、なんていうことはよくあります。いつでも充電できるように、少しコンセントまわりを整えて、「そこのコンセントあいてるから使っていいよ」と言ってあげられるようにしましょう。

 

特に大人数の場合は必ずといっていいほど充電がなくなる人がでてきますよ(^^;)

傘を余分に用意

帰り際に、急に雨が降ってきた!なんてことはよくあります。

 

そんな時に、余っている傘を貸してあげると本当に喜ばれます。きちんとした傘だと貸し借りに関してお互いに気を遣ってしまうので、できればビニール傘がいいでしょう。100円ショップにも売っています。

 

泊まりに備えて用意した方が良い物 

泊まる予定はなくても、終電がなくなってしまうなど、いきなり泊まりになることもありえます。以下のものは準備しておくにこしたことはないでしょう。

毛布

毛布は一枚余分にあった方がいいです。ただ泊まる時に貸す以外に、例えば友人が急に体調を悪くしてしまうなどの緊急事態にも役立ちます。

 

逆に、一人暮らしの場合は、来客者用の布団や寝袋をわざわざ用意する必要はありません。

使い捨て歯ブラシ

泊まる時に何よりも欲しいのが、歯ブラシだと思います。これは、あるとかなり喜ばれます。

 

一応、余分に歯ブラシを用意しておくようにしましょう。5本入りの使い捨て歯ブラシが100円ショップで売っています。一つ買っておくといいと思います。ちなみに、私はたまに1本あけて、キッチンの掃除に使っています(笑)

 

まとめ

え、そこまで?というところもあったと思いますが、小さな気遣い一つで来客者の反応はかなり変わってきます。普段の職場や、飲食店と違って、外では出来ない特別なもてなしをできるのが自分の家です。

 

是非みなさんも、きてくれた友人に「来て良かったなぁ♪」と少しでも感じてもらえるように、お部屋の状態を整えてみてくださいね(^^)

このエントリーをはてなブックマークに追加