このエントリーをはてなブックマークに追加 

使うのが楽しくなる♪一人暮らしのかわいい節約グッズ3点

皆節約グッズときいてどんなものを想像されるでしょうか?

 

私は、水圧を弱める節水シャワーヘッドや断熱カーテンなどが浮かびます。もちろん、それらもとっても役に立つ節約アイテムですよね。

 

でも今回は、少し「THE 節約!」という実用的な観点から少し離れて、「可愛らしく、楽しく」節約を楽しめるグッズをご紹介していきたいと思います♪

 

【一人暮らしの節約グッズ】Fridgeezoo(フリッジィズー)

「一人暮らし、始めたけどやっぱり少し寂しい。」「一人は夜がこわい!(笑)」そんな、一人暮らしをしてるけどもなんだか心細い..というあなたにオススメなのが「Fridgeezoo(フリッジィズー)」です。

 

フリッジィズーって何?

フリッジィズーとは、簡単に言うと、「冷蔵庫を開ける度に話しかけてくれる動物のマスコット」です。

 

 

しかも、時間を認識することができて、時間帯によって様々な言葉をかけてくれます。

 

朝は「ふぁ〜おはよう」「さわやかな朝ですね♪」、夜は「寝不足に気をつけるんだよ」など動物によって話す言葉は違います。

 

とってもエコな動物達♪

フリッジィズーはただの可愛らしい話相手にとどまりません。

 

なんと、冷蔵庫を開けている時間が長かったり、開けっ放しになっていると教えてくれるんです。

 

家族と過ごしていれば、親に注意されて気づく事もあったかもしれませんが、一人暮らしでは自分が気づかない限り、冷蔵庫は開いたままになってしまいますね(笑)

 

そんな時に注意してくれるフリッジィズーの言葉「ちょっと開けすぎじゃないかい?」可愛くて癒やされますし、とっても助かります♪

 

冷蔵庫の開けっ放しってそんなにダメ?

実際、「冷蔵庫の開けっ放しってそんなにダメなの?」こんな疑問は皆さんの中にあると思います。

 

私も開けっ放しで起こる影響をあまり理解していなかったため、「扉をきちんと閉める」ことにあまり意識が向いていませんでした。

 

冷蔵庫にもよりますが、電気代で見る場合、1時間開けっ放しで約10〜15円。1日で240〜360円です。なんだ、そんなものか、と思うかもしれません(^^;)

 

しかし、大きな問題は電気代ではなく、開けっ放しの冷却機能低下による食品のロスや冷蔵庫の故障にあります。開けっ放しの気温上昇による食品ロスや冷蔵庫の故障は、優に5000〜1万円の損失になったりします。

 

一人暮らしの今、実家生活の頃よりも5000〜1万という額の大きさをはるかに実感しています。1〜2日分の仕事代です。無駄なことに消えてほしくありませんよね。

 

やっぱり冷蔵庫は閉めよう♪

フリッジィズーもいるんです(笑)冷蔵庫の開け閉めを機に、小さなことでも節約に繋がっているということを感じて頂けたら、と思います♪

 

可愛くてエコ、もちろん節電の手助けをしてくれる動物たち、あなたのお部屋にいかがでしょうか?

 

【一人暮らしの節約グッズ】ペーパー加湿器

特に乾燥する冬、風邪対策をして健康でいるためにも加湿器は欠かしたくないものです。

 

今回ご紹介するのは電気を使わないエコ加湿器、「ペーパー加湿器」です。なんと、このペーパー加湿器、水を入れるだけで長時間加湿してくれます。

 

ペーパー加湿器の中でも、加湿力に優れ、見た目も華やかで人気の「ミクニ エコ加湿器 ミスティガーデン」をご紹介します♪ 色鮮やかでとってもオシャレ!

 

ミクニ ミスティガーデンとは?

 

ミクニが提供する自然気化式の加湿器「ミスティガーデン」。「ガーデン」の名にあるように素敵な草花のフォルムでお部屋を潤してくれます♪

 

使い方は本当に簡単でただ水を注ぐだけです。電源も電気代も一切必要ないので、水さえあればどこにでも置けますし、寝ている間も安心して使えますね。

 

加湿器で圧倒的な過ごしやすさ

みなさんの中に加湿器を利用する習慣はありましたか?

 

正直、私は一人暮らしをするまでは加湿器なんていうものに目もくれたことがありませんでした。

 

しかし、友達の家に行ったときに、部屋の空気がスッキリとしていてとっても過ごしやすかったんです。私の部屋のカラカラの乾燥具合を改めて実感しました。それからというもの、私も部屋には小さな加湿器を置いています。

 

しかし電源式の物で、コンセント付近がごちゃごちゃしてしまっているので、水を入れるだけで色々な場所におけるペーパー加湿器にとっても魅力を感じます♪

 

お部屋の乾燥が与える影響

たかが乾燥、されど乾燥・・お部屋の乾燥によって起こる影響は結構大きいです。以下で、お部屋の乾燥が与える影響について簡単にみていきましょう♪

 

目や肌の乾燥⇒お部屋の乾燥によって、肌の水分量も低下してしまいます。

 

口や鼻の粘膜の乾燥による免疫力の低下⇒口や鼻の粘膜が乾燥することによって、身体に入ってしまったゴミを外に出す機能が低下してしまいます。同時に、ウイルスを外に追い出す機能も低下するので風邪やインフルエンザにかかりやすくなります

 

静電気の発生⇒空気が乾燥することによって、物質表面の水分が少なくなり、電気を分散させる力が弱くなるので電気が溜まって静電気が発生してしまいます。

 

起こってしまうとなんだか過ごしづらい、体調が優れない、といったことに繋がるものばかりですね。

 

風邪よりも何よりも真っ先に女性が気になるのは、顔のお肌の乾燥によるメイクのノリの悪さではないでしょうか?私は肌の乾燥にとっても苦労していました(^^;)

 

エコな加湿であなたも快適に♪

とっても洗練されたデザインでお部屋のどこに置いても癒やしと潤いを与えてくれるミスティガーデン。

 

電気代もかからず、お部屋にほどよく湿度を与えてくれるので、簡単に快適なお部屋が実現できます。あなたのお部屋にもおひとつ、いかがでしょうか♪

 

【一人暮らしの節約グッズ】蓄熱式(ちくねつしき)湯たんぽ

一昔前の暖取りアイテム、湯たんぽ。現代ではエアコンやストーブなどの暖房器具も発達していますが、昔ながらの湯たんぽは未だに人気があります。

 

そんな湯たんぽ、お湯を入れて温かい状態を保つ形が主流でしたが、最近では「蓄熱式(ちくねつしき)湯たんぽ」という新しい湯たんぽがあります。

 

蓄熱式湯たんぽとは?

蓄熱式湯たんぽとは、10〜20分間充電するだけで数時間暖かい状態を保てる新しい形態の湯たんぽです。

 

実際のお湯を入れるわけではないので、水漏れなどの心配がなく、安心して抱えて布団に入ることができます。

 

そんな蓄熱式湯たんぽの中でも可愛さで人気を博しているのが、「蓄熱式エコ湯たんぽ nuku2(ぬくぬく)」です。

 

 

ヒツジ、ウサギ、マングースからノルディック柄までとてもバリエーション豊富なのであなたのお気に入りのデザインが見つかると思います。

 

蓄熱式湯たんぽはココがいい♪

「ちょっとあったかいだけの湯たんぽ、何がいいの?!」私はこんな思いを抱えていました(笑)しかし、一人暮らしをしている今なら、湯たんぽはとっても役に立つアイテムだということが分かります。更に便利な充電式です♪

 

《蓄熱式湯たんぽのいいところ》

寝るときの快眠効果・・・湯たんぽは暖房とは違って、使い始めは暖かくて、朝にかけて徐々に温度が下がっていきます。朝は適度に温度が低い方が目覚めが良いため、気持ちよくスッキリと起きることができます。

 

調の働きを良くするのでお腹の調子が良くなる・・・寝るときにお腹を暖めることで調の動きが活発になって、毎朝のお腹の調子が良くなります。快調で、ダイエット効果も期待できるかも?

 

蓄熱式湯たんぽは水漏れの心配がなく、充電するだけで良い・・・お湯を入れるタイプの湯たんぽは少なからず水が漏れるなどの心配がありましたが、蓄熱式湯たんぽは外からお湯を入れることなく電気の力で中の水を温めるので漏れの心配もないどころかとってもお手軽♪

 

暖房の節約になる・・・寝るときに寒い部屋だとなかなか寝付けないですし、明け方は特に冷え込みますよね。そんな時、暖房を常につけていると、空気も乾燥しますし、結構な値段になってしまいます。

 

暖かい湯たんぽを布団に入れておけば身体の芯から暖まるので、冷え込みで起きるという心配もなく、暖房はつけなくても大丈夫です。これはかなりの節約ですね!

 

実際、湯たんぽを使うとどれくらいの節約になる?

冬の季節、私は寝るときも明け方も寒さに耐えられずにいつも暖房をつけっぱなしにしてしまいます。

 

暖房の種類にもよりますが、一般的なガスストーブだと1時間にかかる料金は10〜20円。8時間つけると80〜160円です。これが1ヶ月となると、2500〜5000円にもなってしまいます。

 

対して蓄熱式湯たんぽの一回の充電にかかるのは2.5円。1ヶ月で75円と圧倒的に安いですね。浮いたお金で他に欲しいものが買えます♪

 

少しの充電で暖かさが持続する可愛らしい「蓄熱式湯たんぽ nuku2」。エコで節約にもなる湯たんぽ、あなたも試してみてはいかかですか?♪

 

さいごに

今回ご紹介した「可愛らしく、楽しい節約グッズ」。人暮らしは一人なだけあって、何かあって落ち込んでしまうと寂しくお部屋にこもりがち。

 

是非、可愛くて華やかな節約グッズで元気でワクワクした一人暮らしライフを送ってみてください!

このエントリーをはてなブックマークに追加