このエントリーをはてなブックマークに追加 

単身引越しブログ@【引越し一括見積り〜引越し業者確定まで】

 

 

今回は、私が6回引っ越しを経験した中から、再就職のため東京の実家から神奈川の藤沢市に引越した時の様子をご紹介したいと思います。

 

この引越しは、過去数回の経験を活かし、格安引越し業者を見つけ、引っ越し費用を相場よりもかなり安く抑えることができました。

 

初めて引っ越しされる方は、安い引越し業者をどうすれば見つけられるのか、どのように一人暮らしの引越し準備を進めていったらよいのか分からないと思います。

 

そもそも、一人暮らしを始めるには、どのくらいの費用がかかるのか分からないかもしれません。

 

私の6回目の単身引越しは、時期的にも荷物の量的にも、一人暮らしを始める学生さんの引っ越しになんかにもかなり近いと思います。

 

春から引越しして、実家を離れて1人暮らしを始めるピチピチの単身の学生さんも、ネットで簡単に一番安い引越し業者の探し方を伝授しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

きっと、引越し見積もりの相場などを知る、良い機会になると思います。

 

自分の要望に合った安い引越し業者を選択し、幸先の良い一人暮らしの新生活をスタートさせましょう。


引っ越し一括見積サービスを利用してみる

 

私の単身引っ越し遍歴

1回目の引越し 進学で一人暮らしをする
2回目の引越し 学校から近い物件へ
3回目の引越し 就職のため職場近くへ
4回目の引越し 1年半で退職し安い物件へ
5回目の引越し 貧乏すぎて実家へ帰る
6回目の引越し←今ここ! 再就職のため神奈川へ

 

6回目の単身引越しをするに至った経緯

会社を退職してからは、一人暮らしをやめて、東京都にある実家でフリーランスとしてブログなどを書くライターの仕事をしていました。

 

ライターの仕事を始めた時はけっこう調子よかったので、会社に勤めていた時並みに稼げるし、起きる時間も自由だし、誰にも束縛されないし、最高だな〜とか思っていました。

 

でも実際続けていくと、収入は波あるし、モチベーションが上がらないときはサボりがちになるし、ずっとパソコンに向かっていると運動不足で太るし、1日中ずっと部屋の中にいるからなんか鬱っぽくなるしで、やっぱ就職したほうがいいかなぁ〜と思っていました。

 

そんなある日、知人から神奈川の藤沢市にある広告代理店を紹介されました。

 

タイミングもよかったので「いっちょ再就職するか。」という事で、実家がある東京を離れ、神奈川県藤沢市に単身引越す事に決めました。

 

今回、再び再就職で一人暮らしを始めるということで、母親も若干安心していたみたいです。内心「家でずっと何やってんだろう・・」と思っていたでしょうし、いい加減、私もいい年なんで。

 

一人暮らしをしていた頃に使っていた家具や家電は、前回の引っ越しで実家に帰る前に売ってしまったので、新しい引っ越し先でまた安いのを買い直すことになりました。(ムダ)

 

できるだけ引っ越し費用はかけたくなかったので、今回の単身引っ越しも格安引越し業者を見つけて引っ越ししようと決めました。

 

6回目の引越し準備スタート!

私ぐらいの単身引っ越しマスターになると、これぐらいの引っ越しなんて、おちゃのこさいさいです。

 

単身引越しをする場合の自分に合った安い引っ越し業者を見つける方法や、通常料金よりもどうすれば更に格安になるかが全て頭に入ってますからね。

 

是非とも私の6回の単身引越しの経験を、たくさんの方に役立てていただきたいです。

 

急な引越しや初めての単身引越しでも、慌てずに安い引越し業者を比較しながら見つけていきましょう。

 

単身引越しの日取りは3月下旬という、引越し業者が超繁忙期の引っ越しになってしまったのですが、引越し料金をネットで見積もりしたので、格安で単身引っ越しすることができました。

 

たまたま同時期に引越しした友人がいたのですが、料金を比較してみると友人よりも私のほうがかなり安い引越し料金だったので、とても羨ましがられました。(もちろん友人にも引越し一括見積サービスについて教えてあげました)

 

今回の単身引っ越しをどのように進めていったのか一からご紹介していくので、これから単身で引っ越しをお考えの方や、引越し費用を安く抑えたいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

引越し業者を比較したり、引越し見積もりが面倒だと思っている方も多いと思いますが、簡単なので試してみることを強くおすすめします。

 

まずは、引越し一括見積サービスで料金を比較してみる

単身引っ越しすると決まったら、まずは「引越し一括見積サービス」で引っ越し業者の料金比較からスタートです。インターネットで、引越し料金を一括見積もりできるとても便利なサービスです。

 

 

最初は「今すぐネットで料金比較」ボタンから、いくつかの引っ越し会社の概算見積もりをして、引越し料金を比べてみます。ここで、おおよその引っ越し費用の相場を把握することができます。

 

引越し料金の概算見積もりをすると、引越し業者に自分の情報がすぐにいってしまう不安があるかと思います。

 

でも、「今すぐネットで料金比較」のサイトでは、引越し業者から電話やメールがたくさん届くことはありません。

 

手始めに、引っ越し料金の相場を把握するために利用します。なんとなく、「単身引越しの見積り料金はどれくらいになるかな?」「どこの引っ越し業者が安いのかな?」といった興味がある場合に、手軽に試すことができる感じですね。

 

とても簡単に見積もり引越しの料金を比較することができます。

 

具体的に引っ越しが決まっていない方でも、引っ越し費用の相場がおおよそ分かるので、気軽に利用してみて下さい。

 

 

引っ越しの予定日と引っ越しの人数、希望時間帯を入力します。

 

今回の引っ越し予定日は3月26日で、時間は午前中、引っ越し人数は自分一人なので1人を選択しました。

 

 

次に現在の住まいの情報を入力します。

 

実家の東京都のアパートの住所と階数、エレベータがあるかどうかについて入力しました。その後引っ越し先の住まいの住所を入力しました。

 

 

次に、実際にどれくらいの荷物を一人暮らしの新しい新居に移動するかについて答えます。

 

今回、実家から神奈川の引越し先に移動させるものは、一人暮らしの単身ということもあって、

  • スーツケース1個
  • 布団セット
  • 掃除機
  • ちゃぶ台
  • 雑貨など

だけという身軽さだったので、サクッと入力する事ができました。

 

一人暮らしの単身引っ越しでも、実家からでなければ結構な荷物があると思います。

 

あらかじめ持っていく引越しの荷物がどのくらいになりそうか把握しておくと、入力がスムーズに進みますし、信憑性の高い引越し料金比較をすることができます。

 

引越しついでに、不要な荷物を処分すると、引越し見積もり料金も変わってくる事も全然あると思います。

 

断捨離すると、引っ越し料金が安くなる

 

最後に、ダンボールはいくつぐらい必要か入力します。

 

1人の単身引っ越しの場合、引越しの荷物はダンボール10個前後を目安にすればOKなので、ダンボールの数は10個で入力しました。このあたりのダンボールの個数は大体で大丈夫です。

 

入力後「各社の料金を表示」のボタンをクリックします。そうすると、単身引っ越し見積り費用の計算処理が始まります。

 

引越し業者の比較結果が表示される

 

引っ越し費用の見積もり計算の処理が終わると、よりすぐられた10社前後の引っ越し業者の見積もり費用が一覧となって比較され出てきます。どの引越し業者の引越し見積もり料金が安いか一目瞭然で分かります。

 

また、こちらのページから、ピンポイントで引越し業者に予約をすることも可能です。

 

全国にある240社以上の引っ越し業者から料金比較をしてくれるので、今まで聞いたこともないような引っ越し会社も一覧になって出てきたりして面白いです。

 

つい大手の引越し業者に目が行きがちですが、小さい引越し業者の引越し見積もり費用の方が安い場合もあるのです。

 

わざわざ自分で会社を調べて、電話をかけたりメールを送るといったやりとりがなく、一度に数社の引越し見積りの概算が取れるので、「今すぐネットで料金比較」使わない手はないですね。

 

またこの「今すぐネットで料金比較」のページからは、引越し見積もり料金だけではなく、各引っ越し業者がそのタイミングで行なっているオススメキャンペーンも一覧で見れるので、引越し料金見積もり以外のサービスでの検討ができます。

 

その他にも、実際にその引越し業者に頼んだ方の引越しレビューを一覧で見られたりします。この引越しの情報はとても貴重で・・

  • 梱包資材は有料なのか
  • 女性のスタッフは来てくれるのか
  • 当日に引越し料金が見積りと変わることはないのか
  • 引越し業者の作業員の雰囲気はどうなのか
  • 何トントラックで来るのか

など、一人暮らしの単身引っ越しをするうえで、誰もが気になる引越し業者の情報を口コミレビューから入手することができます。

 

口コミや評判は気になるのでネットで調べると思いますが、いちいち引越し業者単位で検索しなくても、1ページだけで複数社の口コミや評判を知ることができるので、かなり時間短縮になります。

 

引越し見積もり費用だけではなく、引越し業者の口コミや評判まで比較できるのは素晴らしいですね。

 

また、自分の好みや希望、予算に合わせて、引越し料金が安い順や、評価順、人気順にも並べることが可能です。

 

引越し業者と電話で問い合わせをしたりせずに、引越し業者を多面的に見ることが出来るのですから、「今すぐネットで料金比較」は超優れものです。

 

「今すぐネットで料金比較」を行った結果は?

今回、私は3月下旬に単身引っ越し予定なので、その約2週間前の3月の頭に引越し見積もりをとりました。その結果、引越し業者の引っ越し費用の見積もりは、単身引っ越しで6,8000〜137,950円くらいの相場になりました。

 

この段階で料金比較だけの相場を見ると、急な引越しに加えて引越し業者が繁忙期だということもあり、単身引越しの割にはちょっと高い相場になっていました。

 

ただ、ここで惑わされないようにしてほしいのが、この「今すぐネットで料金比較」の引越し見積もり金額はあくまで「相場」だということです。

 

この「今すぐネットで料金比較」の引越し見積もり料金のまま、引越しをしてはいけません。ここで出た引越し見積もり金額より全然安くすることができるので、心配しないでくださいね。

 

単身の引越し費用を極限まで安くする具体的な方法

 

次は、「一括見積もり」をスタート!

引越し業者が超繁忙期といえど、先ほどの料金比較サイトで出た高い金額で引っ越しをしている場合ではありません。

 

次は「一括見積もり」を出して、実際に引っ越しの会社とメールや電話でのやりとりを行い、引っ越し費用の値切り交渉を行なっていきます。

 

 

引っ越し業者の見積もり費用概算一覧の下にある、「一括見積もりサービスで引っ越し業社をさがす」というボタンをクリックします。

 

「一括見積もりサービス」を行うと、実際に電話やメールで引っ越し業者と直接やり取りすることが可能になります。

 

 

「今すぐネットで料金比較」で引越し見積もり料金の比較を行ったときと同じ流れで、一括引越し見積もりサービスの必須項目に入力していきます。

 

 

 

 

電話番号とメールアドレスを入力、住まい情報と荷物の情報を確認したら、「同意して一括見積もりを依頼する」ボタンをクリックします。

 

この次のページでは、引っ越し一括見積サービス限定特典の申し込みができます。

 

 

私が引っ越しの一括見積りサービスを行った時は、

  • 不要の車の買取サービス
  • 不良品回収
  • バイク王の査定
  • ウォーターサーバーの申し込み
  • 家具カタログのプレゼント
  • 結婚式の優待特典付きの申し込み

という特典が申し込めるようになっていました。このキャンペーンの中から好きなものを3つまで選べます。

 

転勤などで、バイクや車をすぐに買取って欲しいときなど役に立ちそうですね。一人暮らしの単身者とはあまり関係のない結婚式やウォーターサーバーなど、誰もがうれしいキャンペーンではないですが、前から検討していた方にとっては嬉しいキャンペーンになるかと思いますので、申し込んでみてください。

 

 

これで、引越し一括見積もりが完了しました。完了と同時に登録したメールアドレスに引越し業者数社からメールが届くので確認してみます。

 

引っ越し一括見積サービスを利用してみる

 

引越し業者から引越し見積もりに関するメールが届く

一括見積をした結果、引っ越し業者社から引越しの見積もりのメールが届きました。

 

この7社は、日程や荷物の量、移動距離、引っ越し地域などを加味したうえで、一括見積サービスのシステムが厳選してくれた引っ越し業者になります。

 

 

一括見積もりサービス選ばれた引っ越し業者は、

  • 人力引越社 関東支社
  • シモツ引越サービス
  • 隆星引越センター
  • アリさんマークの引越社
  • ダイウン引越センター
  • ヤマトホームコンビニエンス

の7社でした。

 

大手引越し業者のアリさんマークの引越社とヤマトホームコンビニエンスは知っていましたが、人力引越社・シモツ引越サービス・隆星引越センター・ダイウン引越センターの引越し業者4社は、今まで聞いたこともありませんでした。

 

評判がどうなのかも全く分からなかったので、どのくらいの安い引っ越し見積もり費用を提示しくれるのか楽しみでした。

 

各引越し業者から送られてきたメールの内容

人力引越社 関東支社

 

「人力引越し社関東支社」からは、荷物の数量の確認と引越し見積もり結果が書いてあるメール内容でした。

 

どうやら単身プランではなくフリープラン84,600円が見積もり結果のようです。引越し業者の繁忙期である3月下旬とはいえ、人力引越社の見積もりは相場から見てもなかなか強気です。

 

シモツ引越サービス

 

「シモツ引っ越しサービス」からのメールは、見積もり結果と注意書きが書いていました。

 

具体的には「これは自動見積もり結果なので、別途電話をして聞き直すと本当の金額が分かりますよ」と行った内容でした。先ほど人力引越社の84,600円の見積もり結果を見た後なので、47,300円の引越し見積もり料金は安く感じましたね。

 

隆星引越センター

 

「隆星引越センター」からは引っ越し区間の確認と見積もり結果についてメールがありました。

 

こちらは単身パックではなく、フリープランで48,800円でした。引越しの作業人数は1名、使用する車両は1トンと書いてありました。シモツ引越サービスの見積もり料金とほぼ同じくらいです。

 

アリさんマークの引越社

 

こちらは「アリさんマークの引越社」の見積もりメールです。出ました!なんと引っ越し見積もりが格安の1万円台です!

 

アリさんマークの引越社は概算見積もりだと、単身引越しで16,200円と言う安い金額が出ていました。

 

ただ諸条件によって引越し見積金額が変わりそうなので、「アリさんマークの引越社」との電話連絡の時に交渉の必要がありそうです。

 

アリさんマークの引越社は、転勤や就職の時期を狙ってCMを多く流すのでインパクトもあり、相場より安い引越し代金が期待出来そうな気がします。

 

ダイウン引越センター

 

「ダイウン引越しセンター」からは概算見積もりのメールが送られて来ました。

 

「お一人暮らしの単身の方もご安心ください」という内容が書かれており、1トンのトラックで引越し作業人数が一人ということも書いてありました。アリさんマークと比較すると、引っ越し見積もり費用46,300円はやや高めな印象がありました。

 

ヤマトホームコンビニエンス

 

「ヤマトホームコンビニエンス」のメールでの引越し見積り内容です。「ヤマトホームコンビニエンス」は大手なのにかなり頑張ってくれて、引越し料金を格安の21,000円で作業をしてくれるとの事でした。

 

一括見積りが完了したあとに業者から電話がかかってくる

引越し一括見積りが完了してすぐに、引越し業者からメールが送られてくると同時に、登録した電話番号に引越し業者側から電話をかけてきてくれます。

 

引っ越し業者も顧客争奪戦で必死なので、引越し一括見積もり完了ボタンを押してから3分もしないうちに電話をかけてくる引越し業者もあります。

 

「一括見積もりサービス」を行うと、引越し業者から電話やメールがすぐに来るということを心積もりしておきましょう。

 

 引っ越し一括見積を利用した方の口コミでは、「ネットで引越し一括見積もりを行うと、越し業者から電話がかかってくるのがウザい」という内容が見受けられます。

 

私的に、電話がウザいと思うか思わないかは、「一括見積りをしたら、引越し業者から電話がかかってくるという事を、知っているのか知らないのか」の違いだと思います。

 

やる事がたくさんあって忙しい時に引っ越し業者数社から電話がかかってきたら確かにウザいと思います。

 

でも、電話で話す時間を考慮して、余裕がある時に引越し一括見積りサービスを利用すれば、なにもストレスではありません。

 

どのみち引越し一括見積りサービスを利用しないとしても、できるだけ安い料金で引っ越したいのなら引越し業者3,4社には電話しますよね?

 

それなら、電話番号を調べたりする必要がなく、自分の希望をもとに一括引越し見積もりで厳選された引越し業者から電話がかかってきたほうが楽じゃないですか?

 

しかも、自分の条件に合う厳選された引越し業者の中から比較するので、満足のいく業者さんがすでにピックアップされているわけです。さらには、引越し見積もりをした引越し業者さんの方も、自分の単身引越しの日程や荷物の状況などを把握してくれています。

 

一見、同じタイミングで数社の引越し業者と話しするのは鬱陶しいと思うかもしれませんが、同じタイミングのほうが圧倒的に時間短縮できますし、メモ取りも楽に行う事ができます。

 

一括見積もりサービスを利用して一気に引越し業者を比較した方が、時間的にも引っ越し料金的にも得だという事なのです。

 

引越し一括見積サービスを利用してみる

 

電話交渉をして引越し費用を値切ってみる

今回、引っ越し見積りの値段交渉するにあたって、各引越し業者さんから電話があった時に「見積もり訪問に来てほしい」と頼んでみました。

 

しかし私の場合、単身で荷物の量が少なく物量が確定していることや、超繁忙期であったこともあり、どの引越業者も電話でのやりとりで十分ということで見積り訪問はありませんでした。

 

訪問見積りに来てもらったほうが引越し見積もり料金は交渉しやすくはなりますが、単身引っ越しの場合、訪問なしの電話だけでも十分値段交渉できるので積極的に行っていきましょう!

 

単身の引越し費用を極限まで安くする具体的な方法

引越し業者が繁忙期でなければ、単身引越しであっても見積もり訪問をしてもらったほうが、より安い引っ越し業者を見つけることが出来ると思います。

 

各引っ越し業者の電話交渉内容

「アリさんマークの引越社」「隆星引越センター」「シモツ引越サービス」「ヤマトホームコンビニエンス」から電話がかかってきたので、更なる格安の引越し費用で単身引越しをするために値段交渉をしました。

 

アリさんマークの引越社の電話内容

対応 丁寧で親切な印象がありました。
交渉結果

「アリさんマークの引越社」は繁忙期ということで、安い単身プランの料金ではなく、フリープランと同じ4万円ほどのお値段になってしまいました。

 

「アリさんマークの引越社」からの当初の引越し見積もりの返信メールには格安の単身プランの16,000円からと書かれていたのに、倍以上の見積もり費用になっていてなんだかがっかりしてしまいました。

 

折角、自分の想定していた引越しの予算よりも安い引越し業者が見つかったと思ったので残念です。

 

ただ、引越し業者も繁忙期なので、初めの引越し見積もりの値段より高くなるのはしょうがないかなとも思いました。

良かった点 電話がすぐに繋がったことや資材梱包の丁寧な説明がありました。
気になった点 繁忙期ということで、日程の指定がありました。実際に電話して聞くと、引越し見積もり料金がメールよりも高くなっていました。

 

ダイウン引越センターの電話内容

対応 電話後も訂正があれば、すぐに電話をかけてくれる誠実な印象がありました。
交渉結果 メールの値段から引越し見積もり料金を5千円ほど安くしてもらいました。
良かった点

電話がすぐに繋がったことや、希望の日に空きがでた時にすぐにお知らせしてくれました。

 

口コミや評判の情報があまりなかったので、ダイウン引越センターがどんな引越し業者か不安でしたが、普通に良い引越し業者でした。

気になった点

ダイウン引越センターでは、希望の日程の空きがないということで一度お断りされました。

 

その後、断られた後もキャンセル待ちなどは一切なく、連絡もそれ以降はありませんでした。なので、ダイウン引っ越しセンターは選択肢から消えました。

 

シモツ引越サービスの電話内容

対応 引越し見積り料金や、単身引越しに必要な準備についての質問などに対して、しっかりと答えてくれた印象がありました。
交渉結果 引っ越し日をずらすと、概算見積もりより引越し費用を6,000円安くしてくれる案内がありました。
良かった点 空きがない希望日でもどうにか安い費用で引越し可能になるように手配してくれました。
気になった点 引越しの時間の指定が難しかったです。

 

ヤマトホームコンビニエンスの電話内容

対応

予定日の確認、現在の一人暮らしの荷物の数量や梱包の仕方などの確認をしました。また、「引越し予定日は大変に依頼が殺到する日なので、時間帯が選べませんがよろしいでしょうか。」という確認もありました。

 

また、私が荷造りや梱包は自分でやるかどうかを質問をすると「はい、お客様の方でダンボールを用意していただき、梱包していただく流れとなります。」と言われました。

交渉結果

「料金変わらず概算見積もりの値段のままできますよ。」ということでした。

 

引越し一括見積りで出てきた相場と同じ、料金据え置きの2万円台の安い見積もり金額が確定したのはうれしかったですね!

良かった点 女性のオペレータの方が応対してくれましたが、丁寧でとても感じが良かったです。質問にもしっかりと回答してくれました。
気になった点 特になし

 

単身引越しで安いことで有名な「赤帽」にも見積りを依頼

今回「赤帽」は、一括見積サービスがピックアップした引っ越し業者の中には出てきませんでした。

 

ただ赤帽は、一人暮らしの単身引っ越しを安く行ってくれる事で有名なので、直接問い合わせて見積もりをとってみることにしました。

 

赤帽は学生や単身者の引っ越し見積もり費用が相場より安いということで、口コミでも評判の良い業者です。

 

できるだけ引っ越し費用は安くしたいので、ここは貪欲に安い業者を探して行きます(笑)引越しは安い業者にお願いする事に越したことはないですからね。

 

赤帽のお問い合わせフォームから連絡し、メール受付後の翌日に以下の内容の引越し費用の見積もりメールが赤帽から送られて来ました。

 

 

単身引越しが安いことで有名な赤帽の見積もり金額の内容は、「23,976円」になり、追加で高速料金がかかるようでした。赤帽では、引越し時間の指定ができようになっていました。

 

時間帯は@朝〜9:00 A12:00〜13:00 B15:00〜16:00の3パターンで選べるということや、予約が集中している場合は別日での予約をお願いします、ということが書かれていました。

 

さすが、単身引越しが安いことで有名な赤帽、かなり安い料金でしたが、赤帽の単身引越しは惜しくもヤマトさんの安い見積もり料金には及びませんでした。

 

一括見積サービスで安い引越し業者を決定!

各引越し業者を一括見積で比較し電話で交渉した結果、今回の一人暮らしの単身引っ越しは、一番安い引越し見積もり費用を提示してくれた「ヤマトホームコンビニエンス」を利用することにしました!

 

ヤマトホームコンビニエンスでの引っ越しレポート

 

引越し業者を「ヤマトホームコンビニエンス」に決めた理由は、大きく分けて3つあります。

引っ越し見積もりをとった中で一番料金が安かった

一括見積りサービスを利用して料金交渉した後の、各引っ越し業者の概算金額はこんな感じです。

アリさんマークの引越社 43,000円
ダイウン引越センター 43,000円
隆星引越センター 47,300円
シモツ引越サービス 41,300円
人力引越社 関東支社 84,600円
ヤマトホームコンビニエンス 22,680円
赤帽 23,769円+高速料金

一括引越し見積もり金額の一覧を見てみると、ヤマトホームコンビニエンスが飛び抜けて安いことがわかります。

 

一括引越し引越し見積もりでは出てこなかった単身引越しが安いことで有名な赤帽も2万円台でしたが、高速料金の費用がプラスされて、さらには搬出・搬入に時間がかかると加算されるとのことでした。

 

赤帽の引越しは単身者向けとは言われていますが、引っ越し料金がどれだけ安いのか不透明な部分がネックになり、選択肢として無くなりました。

希望日にまだ空きがあった

引越し見積もりをした業者の中で、ヤマト以外の引越し会社は、超繁忙期のため引っ越し希望予定日に空きがない所がほとんどで、断られたり、日にちの変更を余儀無くされてしまいました。

 

またヤマト以外の業者では、希望日が空いていたとしても引越し見積もりの料金がかなり予算オーバーになりました。

 

引っ越し見積もり料金が安く、なおかつ希望日にまだ空きがあったのはヤマトホームコンビニエンスだけでした。

明確な料金体系だった

ヤマトホームコンビニエンスは、オペレーターとのやり取りの中で、どれくらいの荷物の多さがありダンボールはどの大きさの物がいくつ必要なのか相談して決めます。

 

私の今回の荷物量は、ダンボールの数や大きさを把握することが難しかったのですが、ヤマトホームコンビニエンスで引越しを申し込むと、どれ位ダンボールが必要なのか教えてくれたので非常に助かりました。

 

また、どれくらいの大きさ以上の荷物は別途料金がかかるのかなどの料金の概算を明確に知ることができ、さらにはオペレーターに相談したときに、荷物の情報が変わらなければ見積もり概算も変わらないとあらかじめ言ってもらえたので安心できました。

 

引っ越し見積もりの金額が安いとしても、後々高くなってしまうと困りますし、あまり気分がよくないですよね。ヤマトホームコンビニエンスのこういった対応は素晴らしいと思いました。

 

ヤマトホームコンビニエンスでは、有料にはなりますが引越し後の不要なダンボールも引き取ってくれるサービスもあります。

 

その他にも、希望者には1,500円で冷蔵庫の取り付けをしてくれるサービスもあったりします。やる事がたくさんある中で、引越し後のサポ―トをしてくれるのはとてもありがたいですね。

 

引っ越し一括見積を利用して、改めて良かったと思ったこと

私の単身引越しを手伝ってくれる引越し業者が無事決定しましたが、改めて、「引越し一括見積サービス」を利用してみて良かったと感じた部分を振り返ってみたいと思います。

 

引っ越し費用の相場が一度に確認できる

闇雲に引越し会社を見つけてはメールを送ったり、電話のやりとりをしていると、

  • どの業者が一番単身引越しの見積りが安いのか
  • この会社が本当に安い会社なのか
  • 自分にとって最も安い引越し業者とはどこなのか

という事が分からず、なかなか引越し業者の選定作業が終わりません。

 

でも、引っ越し一括見積サービスを利用すると、料金や口コミ、レビューから自分の条件に一番あった安い引越し会社がすぐに比較でき選定できます。

 

また、急な引越しで見積もりを急いでいる時でも、あっという間に引越し業者の引越し料金を知り、自分の合った安い引越し業者を見つけることができます。

 

よく1週間前に急に転勤が決まって引っ越しをしなければいけなくなり、一人暮らしの準備や手続きをする事になった、という話を聞きますよね。

 

そんな時は本当にこの引越し見積もりサービスが役立つと思います。限られた時間の中でも各引越し業者の見積もりを比較できます。

引っ越しに一番適切な日が判断できる

引っ越し費用は、月によって相場が変わることはよく知られていますが、同じ月でも「平日か休日か」、はたまた「引っ越し業社の混み具合」によって、数万円も見積もりが変わることがあります。

 

すぐに引っ越しをしたい場合だと、引っ越し業社を指定する前に、まずは引っ越しをする日にちを決めた方が、効率よく費用が安い日を把握することができます。

 

引っ越し一括見積サービスでは、選択した希望予定日に合わせて見積もりの概算を取る事ができます。なので、希望日の候補がいくつかある場合は、それぞれの日を選択して見積もりを取ることで、その日一番安い引っ越し業者を知ることができます。

引越し料金見積り以外のサービスもうれしい

 

引っ越し一括見積サービスのサイトでは、

  • 各引っ越し業者のレビュー
  • 各引っ越し業者が行っているキャンペーンやサービスの一覧
  • 引っ越しに役立つ情報が掲載されているガイドブック

を閲覧する事ができます。

 

初めて単身引っ越しをする人は、荷造りの仕方や不良品の処分の仕方、引っ越しのマナーや手続きの仕方など、わからない事がたくさんあると思います。

 

それらの情報が引っ越し見積もりのサイト内で完全に網羅されているので、わざわざネットで一つ一つ検索して調べる手間がかかりません。

 

私的に、引越しが初めての方には、市役所での転出届のやり方などの解説はとても役に立つと思います。

 

 

引越し初心者の頃の私は、市役所で必要なものを家に忘れて往復したり、わざわざ市役所に何が必要なのか電話をして伺ったりしていました。

 

でもこのサイトを知ってからは、サイト内の詳しい解説を参考にしながら、スムーズに引越し手続きができるようになりました。

 

また、その他のオススメなサイト情報として、「引っ越し準備のやることリストと荷造りのコツ」というコンテンツがあります。

 

 

この「引っ越し準備のやることリスト」は、

  • 引っ越しが決まったらすぐにやること
  • 引越し2週間前〜当日にやること
  • 引越し後2週間以内にやること

がリストアップされており、「引っ越し準備のやることリスト」のチェックシートを印刷して使用することができます。

 

 

この、引っ越しに伴う様々な手続きがリストアップされたチェックシートは、私も毎回重宝しています。

 

例えば、引越し後の手続きと言えば、住所の移転や、ガス・水道の開栓の連絡といった事が挙げられますが、このような忙しいと忘れがちな事も記載されています。

 

引越し一括見積もりサービスのサイトは、安い引っ越し業者を探すことが出来るだけでなく、こういった引っ越しに役立つ情報も沢山載っているので、あなたの引っ越しも手助けしてくれる事は間違いありません!

続いては、ヤマトで単身引越しした時のレポート!

 

引っ越し一括見積サービスを利用してみる

このエントリーをはてなブックマークに追加