このエントリーをはてなブックマークに追加 

運送業者と引越し専門業者ではどちらを選んだほうがいいの?

 

引越しを行っている企業は、「運送業者」と「引越し業者」がありますが、実はこの2つ、根本は一緒のものです。

 

「引越し業者」は、引越し業務を専門に行っている会社ですが、業種としては「運送業」になります。「引越し業」という業種はありません。

 

もともとは同じ運送業者として区切られていましたが、引越し業者はそこから派生していったものです。

 

ですので、サービス内容の充実ぶりが、運送業者とは一線を画しています。

 

とはいえ、運送業者の方が極端に劣っているかといえば、そうではありません。それぞれにメリットは存在しています。

 

では、それぞれでどのようなサービスが存在するのでしょうか?「運送業者」と「引越し業者」の違いを明確にお伝えできるように、説明していきたいと思います。

 

引っ越し一括見積サービスを利用してみる

 

運送業者の強みと特徴

有名な引っ越しサービスで言えば、クロネコヤマトの「単身パック」や、日本通運の「引っ越し単身パック」が有名です。

 

運送会社での引っ越しをオススメする方は、

  • 荷物の数が比較的少ない人
  • 準備をする期間が十分ある人

だと言えます。

 

運送会社が行っている単身引っ越しのサービスは、「定額」のパックになっていることが多いです。

 

「専用のコンテナに入るだけの荷物なら、○○○円で運びます」という感じのサービスですね。

 

こういう運送業者の単身引っ越しプランは、単身ならではの制限を受けているものが主流で、利用する方にそれなりの準備期間がいるというのは、「自分で行う作業」というのが通常の引越しより多いということです。

 

クロネコヤマトの「単身パック」の場合

例えばクロネコヤマトの「単身パック」で見てみましょう。

 

 

コンテナ台車の内寸は、1.04m×1.04m×1.70mとなっています。

 

これに入るだけの荷物しかない方は、運送業者向けと言えます。

 

なぜかというと、他の運送業者も含めの「単身パック」と呼ばれるものは、ほとんどのコンテナがこのサイズだからです。

 

費用は最低12,000円(税抜)程度と、かなりお得です。

 

コンテナに入る目安となる荷物の量は、だいたい以下の通りです。

  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • 薄型テレビ
  • 120サイズの段ボール10箱
  • 140弱サイズの衣装ケース3個
  • 布団袋1袋
  • スーツケース1個

クロネコヤマトは、引っ越しの「単身パック」のパイオニアとも言われていて、荷物が少ない方は、かなりオススメの運送会社です。

 

クロネコヤマトで単身引越ししたときの様子

 

運送会社での引越しが向いていない人

逆に、運送会社を利用しての引越しに、向いていない人はどんな人でしょうか?

 

それは、

  • コンテナに入らないほど大きい荷物も運びたい方
  • 荷造りなどの準備期間が少ない方

です。

 

具体的に大きい荷物とは、ソファーやベッドなどの大型家具、スキー板やサーフボードなど趣味に使う大きなものです。

 

女性なら、ソファーかベッドを使用している方も多いですよね。

 

そういう場合は、運送業者の主流である「定額の単身パック」では、別途追加料金がかかってしまうのです。

 

最初からコンテナの許容量を超えてしまうことが計算できる方は、あまり選択しない方が無難です。

 

さらに単身パックの場合は、コンテナに乗せる荷物を、自分で責任を持って梱包する必要があります。

 

時間がなかったり、「自分で梱包をすることがめんどくさい」と感じる方は、運送業者の利用を考えている人でも、再検討した方がいいかもしれません。

 

引越し専門業者のメリットと、向いている人

「引越し専門業者」の利用に向いている方は、やはり「コストパフォーマンスよりも充実したサービスを!」と考えている方です。

 

そして、引越し専門業者での引越しは、「見積もりを出してもらう引越し」というのが主流になります。

 

荷物の量、金額設定に大きな縛りが少なく、運送会社よりも自由な引越しのスタイルを選ぶことが出来ます。

 

時期にもよりますが、見積もりの場での値引き交渉をすることが出来るのも、引越し専門業者の魅力の1つです。運送業者の場合は、ほとんどが定額プランになるので、値引きをするのは少し厳しい環境にあります。

 

引越し専門業者はプランが豊富

引越し専門業者最大のメリットは、やはり運送会社にはない豊富なプランの数々です。

 

現在、顧客満足度NO.1を誇っている大手引っ越し会社のアート引越センターを例に出してみます。

 

アート引越センターが実施している単身プランとして、「レディースパック」というものがあります。どんな内容なのか見てみましょう。

 

アート引越センターの「レディースパック」について

 
女性の声から生まれた、引っ越し業者独自の進化を遂げたプランで、荷造り、搬送作業などのすべての業務を、女性だけで行います。

 

「従業員が男性ばかりでさみしい」、「下着や衣類は、あまり男性に触られたくない」という女性が多くいます。

 

すべて女性にまかせることで、安心感があり、より良い空気で引っ越しを行うことが出来ます。

 

アート引越センターの「レディースパック」の概要
費用 32,400円(税込)〜
コースの種類

・基本コース
荷解き、荷造りはお客様が行い、大型家具の梱包やセッティングは業者さんにお任せ
・ハーフコース
荷造り、梱包は全て業者さんにお任せし、引っ越し後の荷解きのみお客様が行う
・フルコース
荷造り、梱包、荷解きのすべてを業者さんに任せるコース

オプションサービス

引っ越し待割キャンペーン
・インターネット限定特別割引
フリー便
(通常の引っ越しプランに使えるサービスにはすべて対応。)

「レディースパック」を利用したからといって、金額が上がるわけではありません。
通常の単身引っ越しの相場価格と一緒です。

 

そして、通常の単身引っ越しで使える割引サービスは、すべて併用できます。

 

「引っ越し待割キャンペーン」は、引っ越し希望日の前後2日間までなら、業者さんに引っ越し日時を決めてもらうというキャンペーンです。アート引越センターの場合、なんと引っ越しの料金が半額になります。

 

期間限定のキャンペーンで、繁忙期である3月〜4月に終わることが多いので、それ以外の時期に狙いたいキャンペーンですね。

 

「フリー便」も、業者さんに引っ越しの時間を任せるというサービスです。

 

日にちは決まっていますが、午前中に別の場所で行われる引っ越しを終え次第、お客様のところに来てくれるようになっています。

 

午後スタートになる可能性が高いですが、それが気にならない方はぜひ利用してみて下さい。こちらも最大で、1/3相当の値引きが可能となっています。

 

その他、アート引越センターでは、「アートオリジナル加湿器」を、無料でプレゼントするというサービスも行っています。

 

アリさんマークの引っ越し社の「ミニ引っ越しプラン」の場合は・・

荷物の量の目安

・ダンボール×20個まで(たて、よこ、奥行きを足して150cm以内)
・たたみ3畳に入りきるぐらいの荷物
・荷物のサイズに指定はなし。

費用

21,600円(税込)〜
ただし、引っ越し地域は同一区内・同一市内の5km以内限定
引っ越しの日時の指定は不可。

こちらは、“3畳分に入りきる荷物なら運べます”というルールがゆったりしたサービスで、大型でも小型でも、短くても長くても、どんなものでも運ぶことが出来ます。自転車なども、その範囲内なら運ぶことが出来るので、計算がしやすいですね。

 

各種ポイントが獲得できたりします

引越し専門業者は値段が決まっていない分、顧客を獲得するためにいろんなサービスを行っているのも特徴です。

 

例えば、先ほどのアリさんマークの引越し社では、利用することで、「楽天ポイントキャンペーン」や「ANA・JALマイレージキャンペーン」など、ポイントサービスを受けることができたりします。

アリさんマークの引越し社のポイント獲得概要
楽天スーパーポイント 引越料金100円につき、最大8ポイントをプレゼント
JALマイレージ 引越日が月〜木曜日の場合、100円につき2マイル、金・土・日の場合は1マイルプレゼント
ANAマイレージ JALマイレージと同じ。

このあたりの、「なんとかしてうちを選んでもらいたい!」という企業の努力とサービスの豊富さも、引っ越し専門業者を選ぶ上でのポイントになると思います。

 

まとめ

「値段の安さ、効率の良さに触れたい!」という方は運送業者を、「サービスの豊富さ、新しいサービスを体験してみたい!」という方は、引っ越し業者を選んでもらったら、後悔することはないと言えます。

 

「自分の場合は、運送業者と引越し専門業者のどちらがいいんだろう?」と疑問に思っている方は、料金比較をおこなえば3分でどちらが合っているのか知ることができますので、ぜひ利用してみてください。

 

引っ越し一括見積サービスを利用してみる

このエントリーをはてなブックマークに追加